不動産の買取のコツをつかむ

不動産の買取を依頼するにあたり、事前に契約書の内容をじっくりと確認することがおすすめです。現在のところ、人気の高い業者のサポートの特徴について、数多くの媒体で紹介されることがあるため、定期的に便利な情報源を見つけることが有効です。また、契約書の記載事項に関しては、一般の消費者にとって、分かりにくいところが多くあるとされ、まずは定評のある不動産会社のスタッフに相談を持ち掛けることが良いでしょう。その他、買取の際の仲介手数料の相場については、それぞれの業者の方針に左右されることがあるため、役立つ知識を得ることが大事です。

不動産買取における現状有姿

不動産の買取では、売買契約書に現状有姿で引き渡す、という文言があるケースがあります。現状有姿には、契約締結後の目的物の引渡しについて、次のような意味があります。それは、売買の目的物の状況に変動があった場合でも、買取の際の問題はないという意味です。つまり契約締結後の不動産の状況に変化があっても、売主は責任を負わないということです。また、売主に契約締結の際の状況を復元して引渡す義務もありません。あくまでも、引渡し時の状況のままで引き渡す、という義務があるにすぎません。この点を踏まえたうえで、売買契約書を取り扱うことが重要です。

↑PAGE TOP