借地の建物を買取について

借り地の建物を買取って貰う場合、土地買取の形になるので土地の権利のある借り地の持ち主の承認が必要です。また権利の存続期間や種類がどうかである事も売却出来るかの有無が分かります。そして借地権譲渡契約書を作成し今後の納税者を定める必要があります。誰が誰に売るのかについてを堅苦しく書いた書類を二通作成します。これが借地権譲渡契約書になります。売り手買い手の住所と捺印とその場所を明記しお互い保有する必要があります。やり取りになる土地については住所だけでなく地積がどれくらいかも書かなくてはならないので前もって調べておく必要があります。

借地権に於ける買取の契約書

借地権の契約書に於いて買取の場合は譲渡と言う扱いになります。金が絡もうが絡まないだろうが相続だろうが違うだろうが譲渡に統一されています。そして借地権譲渡契約書を介して権利を譲渡します。同時に納税義務者は誰かの証明になり土地の所有者が持っているこの文書も課税対象となります。この権利は土地の上の建物だけ権利がある様なものなので、土地の所有者とのやり取りも重要であり、ちゃんとした手順を踏んでいないと借地の建物の買取自体が出来なくなるケースがあります。まず譲渡が可能な契約をしているかどうか調べておかないと、譲渡が出来ないのに譲渡契約をして問題になる事があります。

↑PAGE TOP